ウイストン

ウイストン株式会社(英:WHEA-STONE)は、愛知県海部郡蟹江町に本社を置くキャップ全般の製造販売などを行っている企業。石塚硝子株式会社のグループ会社。

会社概要


商号:ウイストン株式会社
創業年:1972年(昭和47年)6月
本社所在地:愛知県海部郡蟹江町蟹江新田字小助山107

会社沿革


  • 1972年(昭和47年)6月 合弁会社ウイストン株式会社を設立。資本金1,500万円、出資比率石塚硝子51%ウィートン社49%。生産工場を石塚硝子株式会社本社工場(名古屋市昭和区)内に開設し生産開始。
  • 1977年(昭和52年)9月 資本金を3,500万円に増資。名古屋市中川区に中川工場を開設し、一部を残し移転。
  • 1978年(昭和53年)12月 資本金を5,000万円に増資。
  • 1982年(昭和57年)10月 茨城県猿島郡境町に東京工場を開設。
  • 1983年(昭和58年)10月 愛知県海部郡蟹江町に本社および蟹江工場を開設し、中川工場および石塚硝子株式会社本社工場より移転。
  • 1984年(昭和59年)6月 資本金を2億円に増資。
  • 1985年(昭和60年)3月 合弁を解消し、全額石塚硝子株式会社出資。
  • 1990年(平成2年)2月 インジェクション成形ラインクリーンルーム対応実施。医薬品容器等のクリーン製品生産開始。以降検査室を含め対応ラインの増設。
  • 1995年(平成7年)4月 広口規格ボトルBシリーズをリニューアルし発売。
  • 1996年(平成8年)8月 広口規格ボトルにB-11、B-12を追加、以降B-16まで順次拡充。
  • 1996年(平成8年)10月 東京工場を閉鎖し、本社工場に統合。
  • 1998年(平成10年)9月 本社屋建替。
  • 1999年(平成11年)8月 牛乳キャップ生産開始。
  • 2006年(平成18年)1月 大型インジェクションブロー1000マシン導入。
  • 2006年(平成18年)7月 広口規格ボトルセーフティーシリーズS-10,11,12発売。
  • 2008年(平成20年)4月 広口規格ボトルB-11半透明茶、濃茶発売。
  • 2010年(平成22年)2月 大型インジェクションブロー500マシン導入。
  • 2010年(平成22年)9月 ISO9001取得。(JQA-QMA 14213)
  • 2010年(平成22年)12月 インジェクションブロー1000マシン導入。
  • 2013年(平成25年)4月 広口規格ボトル S-8、9 発売。

事業内容


  • 健康食品プラスチックボトル
  • 牛乳キャップおよび各種キャップ全般
  • 文具品用プラスチックボトルおよびキャップ
  • 医薬品用プラスチックボトル、中栓およびキャップ
  • 化粧品用プラスチックボトル

外部リンク



  • 最終更新:2016-10-04 19:52:46

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード