エイコー電子工業

エイコー電子工業株式会社(エイコーでんしこうぎょう、英:Eikoh-elc Co,.Ltd.)は、島根県出雲市に本社を置く半導体応用製品の製造などを行っている企業。

会社概要


商号:エイコー電子工業株式会社
創業年:1969年(昭和44年)2月
本社所在地:島根県出雲市知井宮町5番地1

会社沿革


  • 1969年(昭和44年) 会社設立。松江松下電器株式会社様の共栄会社としてフィルムコンデンサ製造を開始する。
  • 1976年(昭和51年) 生産技術部門を設置し、自社製の設備開発に取り組む。
  • 1978年(昭和53年) 松下電器産業株式会社品質改善コンクールで2年連続優良賞を受賞する
  • 1983年(昭和58年) 装置産業に転進し、新製品の早期量産体制を確立する。
  • 1984年(昭和59年) 『エイコー電子工業株式会社』に社名を変更する。
  • 1985年(昭和60年) 全社改善提案制度を導入する。
  • 1992年(平成4年) 海外工場への製造及び設備面での支援を開始する。コンピュータシステム部門設置。工場管理ソフトウエア開発に取り組む。
  • 1995年(平成7年) コンデンサ早期量産体制を確立する。(1995~2003各種コンデンサを導入)
  • 2007年(平成19年) 電動車イス試作機を開発する。株式会社シナジーテクニカ様との取引を開始する。
  • 2009年(平成21年) 介護施設支援システムを開発する。
  • 2010年(平成22年) 訪問介護事業所『ゆうゆう広場』・通所介護事業所『ゆうゆう広場』を開設する。植物工場の取り組みを開始する。(水耕栽培「出雲の雫」・「出雲らずべりー」)
  • 2011年(平成23年) フィルムコンデンサの生産を終了する。
  • 2012年(平成24年) 車載用電子機器の製造を開始する。半導体応用製品(圧力センサー)の製造を開始する。(~‘15/3終了)
  • 2013年(平成25年) 厚膜基板検査業務を開始する。
  • 2014年(平成26年) 携帯リペア業務を開始する。(~‘17/9終了)
  • 2015年(平成27年) コイルドライバーの導入を開始する。EDU品質改善活動で表彰を受ける。
  • 2018年(平成30年) コイルドライバーの移管を完了する。

事業内容


  • 車載電子機器/半導体応用製品製造
  • 生産合理化設備の開発、製造販売
  • 高齢者介護事業「ゆうゆう広場」

外部リンク



  • 最終更新:2022-04-12 20:19:07

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード