テス・エンジニアリング

テス・エンジニアリング株式会社(英:TESS ENGINEERING CO.,LTD.)は、大阪府大阪市に本社を置く環境・省エネ対策システムの導入などを行っている企業。テスホールディングス株式会社の100%出資会社。

会社概要


商号:テス・エンジニアリング株式会社
創業年:1979年(昭和54年)5月
本社所在地:大阪府大阪市淀川区西中島6丁目1番1号 新大阪プライムタワー17階

会社沿革


  • 1979年(昭和54年)5月 前身の阪和熱水工業株式会社を創立
  • 1992年(平成4年)1月 テス・エンジニアリング株式会社に社名変更
  • 1999年(平成11年)11月 24時間監視センター開設 (現・ICTソリューションセンター)
  • 2000年(平成12年)7月 環境マネジメントシステムISO14001を認証取得
  • 2006年(平成18年)2月 発電容量70MWのガスエンジンコージェネレーション発電所運転保守一括受託事業開始
  • 2007年(平成19年)2月 平成18年度環境省自主参加型国内排出量取引制度取引参加者登録(平成19年度も含む)
  • 2008年(平成20年)12月 試行排出量取引スキームに参加(取引参加者)
  • 2009年(平成21年)5月 グリーン電力証書発行事業者登録
  • 2009年(平成21年)7月 石脇正幸が会長に、石脇秀夫が代表取締役に就任。テス・テクノサービス株式会社を設立。平成21年度経済産業省国内クレジット制度 ソフト支援事業の委託先として採択(平成22年度も含む)
  • 2010年(平成22年)2月 経済産業省に特定規模電気事業(現・小売電気事業)の開始を届出
  • 2011年(平成23年) 東日本大震災後の電力不足を受け、工場・事業所向けの自家発電設備の設置工事に尽力
  • 2012年(平成24年) 再生可能エネルギー固定価格買取制度(FIT)開始を受け、太陽光発電所・バイオマス発電所のEPC受注が活発化
  • 2012年(平成24年)3月 インテリジェントソーラーシステム株式会社を設立
  • 2013年(平成25年)3月 プライムソーラー合同会社を設立
  • 2013年(平成25年)6月 自社発電所第一号としてTESS徳島阿南ソーラー発電所運開。順次全国各所に自社発電所を展開
  • 2014年(平成26年)4月 テス・アセットマネジメント合同会社を設立
  • 2014年(平成26年)6月 合同会社T&Mソーラーを設立
  • 2014年(平成26年)12月 品質マネジメントシステムISO9001、情報セキュリティマネジメントシステムISO27001を認証取得
  • 2015年(平成27年)11月 小売電気事業者として登録
  • 2017年(平成29年)4月 FIT制度による太陽光発電所建設実績が430MWを超える
  • 2017年(平成29年)7月 石脇秀夫が代表取締役会長に、髙崎敏宏が代表取締役社長に就任
  • 2018年(平成30年)4月 テスホールディングス株式会社を完全親会社とする持株会社体制に移行。石脇秀夫が当社代表取締役会長を退任し、テスホールディングス株式会社の代表取締役会長兼社長に就任

事業内容


  • コージェネレーションシステムを始めとした、各種環境・省エネ対策システム等導入の為の事業所診断、設計、調達、施工、メンテナンス、24時間監視システム
  • エネルギーマネジメントシステムによる運用管理サポート
  • エネルギー供給サービス
  • 小売電気事業
  • 発電事業

外部リンク



  • 最終更新:2021-09-16 17:10:57

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード