マリン・ワーク・ジャパン

株式会社マリン・ワーク・ジャパン(英:Marine Works Japan.,LTD,)は、神奈川県横須賀市に本社を置く海洋・地球科学観測の機材の整備・保守・運用などを行っている企業。

会社概要


商号:株式会社マリン・ワーク・ジャパン
創業年:1979年(昭和54年)2月
本社所在地:神奈川県横須賀市追浜東町三丁目54番1号

会社沿革


  • 1979年(昭和54年)2月 前身となる日本深海産業株式会社が設立
  • 1994年(平成6年)8月 社名を株式会社マリン・ワーク・ジャパンに変更し、マリン・テクニシャンの会社として、JAMSTECの海洋・地球科学の研究支援業務を開始。
  • 1995年(平成7年)9月 JAMSTECの海洋地球研究船「みらい」の母港でもあるむつ研究所での支援業務を開始。
  • 1997年(平成9年)7月 本社を横浜市金沢区に移転。
  • 2001年(平成13年)4月 名護市の国際海洋環境情報センターで、JAMSTECの深海生物等の映像、研究論文、資料等の加工、保管、発信業務を開始。
  • 2003年(平成15年)8月 2004年2月にかけて当社のマリン・テクニシャンは、JAMSTECが実施した海洋地球研究船「みらい」のBEAGLE2003航海において、高精度のデータ取得に貢献。
  • 2004年(平成16年)3月 本社を横浜市金沢区内で移転。
  • 2004年(平成16年)12月 本社(業務部、旅行事業部を除く)及び関連事業所において、ISO JIS Q9001:2000を取得。(JUSE-RA-1097)
  • 2005年(平成17年)10月 高知コア研究所での支援業務を開始。
  • 2006年(平成18年)9月 JAMSTECの地球深部探査船「ちきゅう」の下北半島沖での初の科学掘削以降、当社のマリン・テクニシャンが、深海海底のコアを、「ちきゅう」のラボの先端機器(約400種類)を利用し、分析。
  • 2012年(平成24年)10月 本社を横浜市金沢区より神奈川県横須賀市に移転。

事業内容


  • 海洋・地球科学観測、データ・試料の分析並びに管理等の技術提供

外部リンク



  • 最終更新:2014-12-15 06:15:21

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード