ヤマチク

株式会社ヤマチク(英:Yamachiku Corp.)は、熊本県玉名郡南関町に本社を置く竹箸の製造販売などを行っている企業。

会社概要


商号:株式会社ヤマチク
創業年:1963年(昭和38年)
本社所在地:熊本県玉名郡南関町久重330

会社沿革


  • 1963年(昭和38年) 福岡県福岡市早良区にて「山﨑竹材工業所」を創業。
  • 1976年(昭和51年) 主力商品であった竹の建築資材の需要が拡大し、熊本県玉名郡南関町に第二工場を建設。
  • 1977年(昭和52年) 売上の90%を占めていた取引先が倒産。残りの10%だった竹のお箸の製造に社運を賭ける。熊本県玉名郡南関町に本社を移転し、拠点を一本化する。建材製造の技術を活かして箸の材料や箸の生地をつくり、他の箸メーカーに供給することで、竹箸製造の技術を磨く。
  • 1980年(昭和55年) ウレタン塗装の技術を導入。竹の塗箸づくりに挑戦するも、10年近く全く売れず。
  • 1985年(昭和60年) 100円ショップの菜箸の製造開始。しかし安価な輸入品に押され、わずか数年で撤退。
  • 1989年(平成元年) CO・OP(日本生活協同組合連合会)様のOEM製造開始。
  • 1990年(平成2年) 大手量販店様のOEM製造開始。
  • 1991年(平成3年) 法人化して株式会社ヤマチクを設立。「竹の、箸だけ。」を製造する会社へ。OEMの受注も増え、ようやく竹箸メーカーとして軌道に乗る。
  • 1993年(平成5年) のちにヤマチクの主力商品となる「がんこ箸」の製造を開始。
  • 2003年(平成15年) うるしの塗装を独学で始める。
  • 2007年(平成19年) 連続テレビ小説「ちりとてちん」の箸ブームによって、うるしのお箸の注文が殺到。
  • 2008年(平成20年) 取引先の海外展開により、受注が激増。増産のため、独自の設備開発に乗り出す。
  • 2016年(平成28年) 高校新卒者を初採用。
  • 2017年(平成29年) 年間生産数量が500万膳を突破。
  • 2018年(平成30年) 熊本県玉名郡南関町に新たに第二工場を竣工。

事業内容


  • 竹箸の製造販売

外部リンク



  • 最終更新:2023-06-09 22:40:56

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード