京都電子計算

京都電子計算株式会社(きょうとでんしけいさん、英:Kyoto Information Processing Service co.,ltd.)は、京都府京都市に本社を置くパッケージソフトの開発などを行っている企業。

会社概要


商号:京都電子計算株式会社
創業年:1964年(昭和39年)10月
本社所在地:京都府京都市中京区烏丸通二条上ル蒔絵屋町260番地

会社沿革


  • 1964年(昭和39年)10月 (株)京都新聞社の全額出資で設立。(資本金 1,500万円、1967年に5,000万円に増資)
  • 1965年(昭和40年)4月 バロースB283導入
  • 1980年(昭和55年)1月 新社屋竣工、現在のビルに移転11月富士通「FACOM M160F」導入
  • 1983年(昭和58年)3月 通産省指定「情報処理サービス業電子計算機システム安全対策実施事業所」の認定(大通 第9号)を受ける
  • 1986年(昭和61年)2月 日本電気「ACOS 610」導入
  • 1987年(昭和62年)10月 全額出資で「ケイ・アイ・ピーシステムクリエイト(株)」を設立(資本金3,500万円)
  • 1988年(昭和63年)1月 富士通「FACOM M760」導入
  • 1990年(平成2年)3月 通産省「システムインテグレータ」登録企業の認定を受ける
  • 1991年(平成3年)1月 日本電気「ACOS 3300」導入
  • 1998年(平成11年)1月 富士通「FACOM GS8400」機導入12月日本電気「パラレルACOS AX7300」導入
  • 2000年(平成12年)4月 (財)日本情報処理開発協会制定「プライバシ―マーク使用許諾事業者」に認定( B820067(01) )される
  • 2004年(平成16年)3月 ISO9001(品質マネジメントシステム)の認証を取得4月ISMS(情報セキュリティマネジメントシステム)適合性評価制度の認証を取得
  • 2006年(平成18年)12月 KES(環境マネジメントシステム ステップ1)認証を取得
  • 2007年(平成19年)4月 ISO/IEC27001(情報セキュリティマネジメントシステム)の認証を取得。(ISMS適合性評価制度からの移行)
  • 2008年(平成20年)4月 全額出資「ケイ・アイ・ピーシステムクリエイト(株)」と合併
  • 2012年(平成24年)4月 京都新聞に第2トラストビルオフィス開設
  • 2013年(平成25年)4月 本社1階にサロン「Le Salon de Kip」オープン
  • 2015年(平成27年)11月 MPS多機能封入封緘機導入
  • 2018年(平成30年)10月 五条堀川ビルオフィス開設

事業内容


  • システム開発
  • パッケージソフトの開発
  • システム・インテグレーション(SI)サービス
  • アウトソーシングサービス
  • データ処理サービス
  • クライアント/サーバー型システムの開発
  • 通信システムの開発
  • インターネット環境構築
  • イントラネット環境構築
  • ネットワーク構築・管理
  • セキュリティシステム
  • システム機器販売
  • パソコン、関連機器、サプライ品販売
  • ユースウェア
  • 一般労働者派遣事業

外部リンク



  • 最終更新:2020-01-12 22:05:47

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード