伊藤忠セラテック

伊藤忠セラテック株式会社(いとうちゅうセラテック、英:ITOCHU CERATECH CORP)は、愛知県瀬戸市に本社を置く鋳形材料、耐火物原料の取り扱いなどを行っている企業。伊藤忠商事株式会社の出資会社。

会社概要


商号:伊藤忠セラテック株式会社
創業年:1960年(昭和35年)12月
本社所在地:愛知県瀬戸市塩草町12番地の8

会社沿革


  • 1960年(昭和35年)12月 各種耐火物原料の焼成および粒度調整品の製造販売を目的として内外耐火工業株式会社を設立。払込資本金3,000万円。
  • 1961年(昭和36年)7月 愛知県瀬戸市塩草町に瀬戸工場(現塩草工場)を新設。第1号ロータリーキルンならびに付帯施設を完成し、焼成蛙目粘土の生産を開始。
  • 1965年(昭和40年)12月 第1号ロータリーキルンを使用し、合成ムライトの製造販売を開始。
  • 1968年(昭和43年)3月 瀬戸工場に第2号ロータリーキルンならびに付帯設備を完成。
  • 1970年(昭和45年)12月 瀬戸市東山路町に山路工場(現本社工場)を新設。合成ムライトの原料調整設備と第3号ロータリーキルンならびに付帯設備を完成。
  • 1971年(昭和46年)8月 アルミナイトの製造販売を開始。
  • 1975年(昭和50年)4月 山路工場に第4号ロータリーキルンならびに付帯設備を完成。
  • 1983年(昭和58年)3月 アルミナイトボールの製造販売を開始。
  • 1986年(昭和61年)1月 伊藤忠セラミックス株式会社を設立。
  • 1986年(昭和61年)8月 ナイガイセラビーズ60の設備を瀬戸工場に完成させ製造販売を開始。
  • 1987年(昭和62年)8月 焼結スピネルの製造販売を開始。
  • 1992年(平成4年)4月 フェノール樹脂板を販売開始。(伊藤忠商事株式会社より商権移管)
  • 1993年(平成5年)3月 ムライトボールの製造販売を開始。
  • 1994年(平成6年)9月 ホワイトαの製造販売を開始。
  • 1998年(平成10年)4月 輸入家具を販売開始。(伊藤忠リヴエル株式会社より商権移管)
  • 1999年(平成11年)4月 製鉄資機材の輸出販売を開始。(伊藤忠商事株式会社より商権移管)
  • 2000年(平成12年)7月 伊藤忠セラミックス株式会社と内外セラミックス株式会社が合併し、社名を「伊藤忠セラテック株式会社」と変更。
  • 2001年(平成13年)9月 資本金4億970万円に増資。
  • 2003年(平成15年)10月 サッシ等の住宅建材を販売開始。(伊藤忠ウインドウズ株式会社より商権移管)
  • 2005年(平成17年)10月 景観煉瓦を輸入販売開始。(ミッドランドブリックジャパン株式会社より商権移管)
  • 2006年(平成18年)8月 東京本社に日本橋久松町分室を統合し、東京都中央区八丁堀に移転。ナイガイセラビーズ60の設備を増設・完成。
  • 2009年(平成21年)4月 本社を東京都中央区八丁堀に移転。
  • 2012年(平成24年)4月 本社を愛知県瀬戸市塩草町に移転。

事業内容


  • 鋳形材料、耐火物原料などの取り扱い

外部リンク



  • 最終更新:2015-10-30 09:50:43

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード