備後漬物

備後漬物株式会社(びんごつけもの、英:Bingotukemono Co.,Ltd.)は、広島県福山市に本社を置く漬物の製造販売などを行っている企業。

会社概要


商号:備後漬物株式会社
創業年:1946年(昭和21年)10月
本社所在地:広島県福山市駅家町大字法成寺1613-47

会社沿革


  • 1946年(昭和21年)10月 創業
  • 1950年(昭和25年)10月 福山市延広町に漬物製造業として備後漬物有限会社を設立。代表取締役に佐藤太郎が就任
  • 1953年(昭和28年) 福山市光南町へ工場を移転
  • 1965年(昭和40年) 佐藤光信入社
  • 1973年(昭和48年) 福山市引野町へ工場を移転し、漬物・麺・豆腐製造を開始
  • 1976年(昭和51年) 佐藤光信代表取締役社長に就任
  • 1996年(平成8年) 佐藤豊太郎備後漬物有限会社入社 。和風キムチ販売開始
  • 1998年(平成10年) 外食事業部設置、サティ尾道店に『たこ風船』の第1号店を開店
  • 1999年(平成11年)3月 豆腐製造から撤退し、工場を浅漬け専門工場へ改築
  • 1999年(平成11年)4月 本社工場の大規模改築を行い、品質管理室を新設
  • 2000年(平成12年)2月 引野町市場前のユアーズセンター跡地を物流センターへ改築
  • 2000年(平成12年)3月 糖しぼり大根販売開始。曙町のセルコ物流センター跡地を専門工場に改築
  • 2001年(平成13年) 備後漬物協同組合設立
  • 2002年(平成14年)3月 駅家町福山市北産業団地へ全面移転。中国安丘工場竣工、現地へ駐在員を派遣し梅・キムチの製造開始
  • 2002年(平成14年)6月 埼玉県久喜市の㈱マルイチ産商首都圏生鮮センター稼動
  • 2003年(平成15年)11月 関東支店開設
  • 2004年(平成16年)6月 九州支店開設、年商100億突破
  • 2005年(平成17年)10月 韓国・中国キムチ寄生虫騒動勃発。中国からの白菜輸入をストップし、国産白菜への全面切替
  • 2006年(平成18年)7月 旨えびキムチ発売開始
  • 2007年(平成19年)9月 吉野家白菜キムチ300g発売開始
  • 2008年(平成20年)6月 ミニ吉野家白菜キムチ発売開始
  • 2008年(平成20年)5月 食品衛生7S活動開始
  • 2009年(平成21年) 佐藤豊太郎常務取締役に就任
  • 2009年(平成21年)3月 吉野家紅生姜販売開始
  • 2009年(平成21年)6月 吉野家白菜キムチ モンドセレクション金賞受賞
  • 2009年(平成21年)9月 吉野家白菜キムチ200g販売開始
  • 2010年(平成22年)3月 吉野家お新香200g販売開始
  • 2010年(平成22年)6月 中国青島に合弁会社青島備後商貿有限公司設立、中国国内でのキムチ販売開始
  • 2011年(平成23年) 佐藤豊太郎代表取締役副社長に就任
  • 2013年(平成25年)7月 備後漬物有限会社本社工場・FSSC22000認証取得
  • 2013年(平成25年)10月 株式会社ベジタコーポレーションを設立
  • 2014年(平成26年)4月 株式会社ベジタコーポレーション・6次産業認定
  • 2017年(平成29年) 佐藤豊太郎代表取締役社長に就任
  • 2017年(平成29年)6月 備後漬物協同組合が備後漬物株式会社に社名変更
  • 2017年(平成29年)10月 備後漬物株式会社が備後漬物有限会社と合併

事業内容


  • キムチを中心とした大根・茄子の漬物販売

外部リンク



  • 最終更新:2022-04-19 21:06:25

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード