刈谷熱煉工業所

株式会社刈谷熱煉工業所(かりやねつれんこうぎょうしょ、英:Kariya Netsuren Industry Co.,Ltd.)は、愛知県刈谷市に本社を置く自動車部品の金属熱処理加工などを行っている企業。

会社概要


商号:株式会社刈谷熱煉工業所
創業年:1961年(昭和36年)1月
本社所在地:愛知県刈谷市一色町3丁目6番地8

会社沿革


  • 1961年(昭和36年)1月 伊藤房吉が個人で金属熱処理業を始める。
  • 1964年(昭和39年)7月 株式会社刈谷熱煉工業所を設立し、資本金200万円。代表取締役 伊藤房吉。
  • 1965年(昭和40年)7月 代表取締役に伊藤はまが就任する。
  • 1967年(昭和42年)1月 豊田市に豊田工場を新設し、バッチ式ガス浸炭炉3基で生産開始。
  • 1969年(昭和44年)7月 代表取締役に伊藤博 就任する。
  • 1974年(昭和49年)5月 豊田工場増築。バッチ式ガス浸炭炉10基で生産。
  • 1977年(昭和52年)11月 本社・刈谷工場全面改築。連続式焼入炉2基で生産。
  • 1989年(平成元年)8月 豊田工場バッチ式ガス浸炭炉12基で生産。
  • 1994年(平成6年)7月 増資を行い資本金1,000万円となる。
  • 1997年(平成9年)4月 刈谷市に富士見工場新設。バッチ式ガス浸炭炉2基で生産。
  • 2000年(平成12年)5月 富士見工場、ガス浸炭炉5基で生産。
  • 2000年(平成12年)7月 代表取締役に伊藤稔 就任する。
  • 2003年(平成15年)4月 ISO9001 全工場(4工場)認証取得。
  • 2004年(平成16年)1月 ISO14001全工場(4工場)認証取得。
  • 2005年(平成17年)6月 知立市に知立工場を新設(連続式ガス浸炭炉1基で生産)。
  • 2006年(平成18年)9月 知立工場 バッチ式ガス浸炭炉3基を導入し生産開始。
  • 2012年(平成24年)7月 代表取締役に伊藤正実 就任する。

事業内容


  • ガス浸炭焼入焼戻し、ガス浸炭浸窒焼入焼戻しによる自動車部品等の金属熱処理加工
  • 焼入焼戻し(調質)、焼きなましによる自動車部品等の金属熱処理加工
  • 浸炭防止を必要とする部品の熱処理

外部リンク



  • 最終更新:2023-08-22 02:44:32

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード