協和界面科学

協和界面科学株式会社(きょうわかいめんかがく、英:Kyowa Interface Science Co., Ltd.)は、埼玉県新座市に本社を置く理科学機器の開発・製造・販売などを行っている企業。

会社概要


商号:協和界面科学株式会社
創業年:1947年(昭和22年)5月
本社所在地:埼玉県新座市野火止5-4-41

会社沿革


  • 1947年(昭和22年)5月 東京都文京区本郷に共和科学精機製作所として創業
  • 1957年(昭和32年)3月 表面張力計を発売
  • 1960年(昭和35年)1月 接触角計を発売
  • 1964年(昭和39年)8月 協和科学株式会社として設立
  • 1964年(昭和39年)10月 東京科学機器協会に入会
  • 1974年(昭和49年)6月 摩擦計を発売
  • 1982年(昭和57年)11月 埼玉県朝霞市に製造部・開発技術部を移転
  • 1984年(昭和59年)4月 協和界面科学株式会社に社名変更
  • 1985年(昭和60年)4月 通産省新技術開発補助金対象に認定
  • 1987年(昭和62年)10月 埼玉工業技術大賞を受賞
  • 2007年(平成19年)3月 埼玉県新座市に全部門を移転
  • 2009年(平成21年)11月 日刊工業新聞主催第4回モノづくり連携大賞特別賞を受賞
  • 2011年(平成23年)7月 厚生労働省次世代認定マーク「くるみん」を取得
  • 2011年(平成23年)9月 増資(資本金5,000万円)
  • 2012年(平成24年)8月 初代接触角計が分析機器・科学機器遺産に認定
  • 2012年(平成24年)10月 厚生労働省ファミリーフレンドリー企業労働局長優良賞を受賞
  • 2013年(平成25年)4月 埼玉ちゃれんじ企業経営者表彰、県知事賞を受賞
  • 2013年(平成25年)6月 増資(資本金6,000万円)
  • 2013年(平成25年)8月 表面張力計の初期モデルが分析機器・科学機器遺産に認定
  • 2015年(平成27年)8月 バウデン型摩擦摩耗試験機が分析機器・科学機器遺産に認定。厚生労働省次世代認定マーク「プラチナくるみん」を取得(埼玉県で初)
  • 2017年(平成29年)6月 創業70周年
  • 2021年(令和3年)6月 減資(資本金1,000万円)

事業内容


  • 理科学機器の開発・製造・販売

外部リンク



  • 最終更新:2023-05-15 22:48:30

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード