南野産業

株式会社南野産業(なんのさんぎょう、英:Nanno sangyo, Inc.)は、大阪府東大阪市に本社を置く産業車輌部品の製造などを行っている企業。

会社概要


商号:株式会社南野産業
創業年:1950年(昭和25年)2月
本社所在地:大阪府東大阪市水走1丁目11番7号

会社沿革


  • 1950年(昭和25年)2月 布施市高井田本選1丁目9番地に、南野一男銑鉄鋳物鋳造業開業。
  • 1956年(昭和31年)8月 大阪市天王寺区木野町2番地に本社並営業所設置、布施市高井田本通1丁目7番地に工場移転、株式会社南野一男鋳造所設立、資本金200万円。
  • 1956年(昭和31年)12月 社名を南野産業株式会社に改称。
  • 1957年(昭和32年)5月 第一次合理化計画、資本金400万円に増資。
  • 1958年(昭和33年)9月 事業拡大に伴い、布施市高井田本通り5丁目8番地に布施第二工場を新設、資本金1.200万円に増資。
  • 1960年(昭和35年)9月 布施市高井田本通2丁目8番地に布施第二工場を移転。
  • 1961年(昭和36年)4月 優良工場として布施市長賞を受賞。
  • 1965年(昭和40年)2月 河内市水走105番地に完全合理化設備鋳物工場を竣工、河内工場とする。
  • 1968年(昭和43年)5月 アメリカ、ペアーズレイ&パイパー社製高速高圧無粋式造型機、輸入第1号機を購入、大幅な合理化と品質向上、コストダウンをはかる。
  • 1969年(昭和44年)2月 上記BSM2016、5号機を購入。
  • 1973年(昭和48年)4月 故会長南野一男、東大阪鋳物事業協同組合理事長に就任。
  • 1973年(昭和48年)11月 RMB型自動造型機を購入、量産体制を確立し、品質の安定化を計る。
  • 1977年(昭和52年)3月 布施第2工場の鋳物部門を河内工場に移転、生産の合理化を計る。
  • 1980年(昭和55年)11月 油圧用鋳物の受注量増加に併う対応と品質確保の為、ハンドショット及びボアースコープを購入。
  • 1981年(昭和56年)7月 1ton高周波炉を購入、タクタイル鋳鉄、特殊鋳鉄の量産体制を整える。
  • 1982年(昭和57年)6月 会社名称を株式会社南野産業に改称。故会長 南野一男、社長 南野隆弘 就任。
  • 1984年(昭和59年)6月 機械加工部門、有限会社南野精機を設立し、社長に南野修宏が就任、素材からパーツまでの一貫体制を整える。
  • 1988年(昭和63年)8月 FBM2Tを導入、旧設備を更新し、より一層の合理化を計る。
  • 1989年(平成元年)3月 サンドクーラーを設置し、品質の安定を計る。
  • 1990年(平成2年)12月 NCグラインダーを導入、作業環境の改善、合理化を計る。
  • 1991年(平成3年)6月 川崎重工業㈱殿の認定協力工場となる。
  • 1991年(平成3年)8月 メディアドラムを設置、合理化と環境の改善を計る。
  • 1997年(平成9年)3月 自動ショットブラストロボット装置
  • 1998年(平成10年)5月 SNB-50型ショットブラスト。AMF造型機を2ライン目に導入、増産体制を整備
  • 2000年(平成12年)3月 セントラルクリーニング設置5Sの効果を上げる。
  • 2000年(平成12年)5月 ミル砂計量設備(砂管理の徹底を計る)
  • 2000年(平成12年)6月 砂タンク40トン*2 砂特性の安定化を計る。カウントバックを導入し品質管理体制を強化。
  • 2001年(平成13年)9月 高周波溶解炉1.5T*2
  • 2002年(平成14年)5月 社内LAN構築完成。関西IT百撰に選ばれる。 (IT百撰アドバイザリークラブ)
  • 2002年(平成14年)6月 CND-60R33 ショットブラストを導入鋳仕上工程の合理化を図る。
  • 2003年(平成15年)3月 中国江蘇省蘇州市に南野金属材料(蘇州)有限公司を設立。
  • 2004年(平成16年)4月 ノズルショットを追加購入。油圧鋳物の生産能力を上げる。
  • 2005年(平成17年)7月 FBM-II T水平割抜枠造型機を更新。
  • 2006年(平成18年)7月 FBM-II Tライン更新増産体制を整備。。機械加工工場とのLAN構築完成。
  • 2006年(平成18年)11月 FBM-II 注湯ロボット設置品質の向上と合理化を計る。
  • 2007年(平成19年)8月 メディアドラムを更新、合理化と環境の改善を計る。
  • 2008年(平成20年)3月 電気炉1基更新、合理化と省エネを計る。
  • 2009年(平成21年)1月 大阪ものづくり優良企業2009に撰定される
  • 2010年(平成22年)10月 関西IT百撰に選ばれる。2度目 (IT百撰アドバイザリークラブ)
  • 2010年(平成22年)12月 ハンガーショットの設置、品質向上を計る。
  • 2011年(平成23年)8月 混練ミキサー(アイリッヒ社製)への更新により合理化と品質向上を計る。
  • 2011年(平成23年)11月 中国((蘇州)工場生産能力 倍増設備工事完成
  • 2012年(平成24年)7月 ISO9001:2008認証取得
  • 2013年(平成25年)2月 DNV認証取得
  • 2013年(平成25年)7月 砂処理設備の空気輸送改修により合理化と品質向上を計る。
  • 2014年(平成26年)5月  現社長南野隆弘、大阪鋳鉄工業組合理事長就任
  • 2014年(平成26年)6月 ノズルショット(ロボット仕様)を増設。油圧製品の能力アップを計る
  • 2016年(平成28年)4月 現社長南野隆弘、(公)日本鋳造工学会関西支部より功労賞を受賞
  • 2016年(平成28年)5月 現社長南野隆弘、大阪府知事表賞を受賞
  • 2017年(平成29年)10月 資本金1,600万円に増資
  • 2020年(令和2年)5月 現社長南野隆弘(公)日本鋳造工学会本部より功労賞を受賞
  • 2020年(令和2年)8月 ISO 14001:2015 認証取得
  • 2021年(令和3年)2月 万能試験機更新。品質向上を計る
  • 2021年(令和3年)3月 発光分析装置更新 品質向上を計る。生砂特性分析装置更新 品質向上を計る
  • 2021年(令和3年)8月 FBM-ⅡT水平割抜枠造型機を更新 生産性向上を計る

事業内容


  • 産業車輌・建設車輌・農機用の油圧部品、自動車用ステアリング、ブレーキ部品、変・減速機等一般産業機械部品などの製造

外部リンク



  • 最終更新:2022-04-14 21:10:21

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード