明治合成

明治合成株式会社(めいじごうせい、英:Meiji Gs Co.,Ltd.)は、宮城県大崎市に本社を置く金型製作事業などを行っている企業。

会社概要


商号:明治合成株式会社
創業年:1968年(昭和43年)8月
本社所在地:宮城県大崎市古川桜ノ目字新高谷地140-5

会社沿革


  • 1968年(昭和43年)8月 古川市西館(現・大崎市古川)で事業開始
  • 1969年(昭和44年)3月 社名を明治合成株式会社とする
  • 1972年(昭和47年)2月 古川市大崎(現・大崎市古川)にインサート成形専用工場を増設
  • 1975年(昭和50年)6月 稲葉工場全自動化、成形機械改善、金型改善推進
  • 1978年(昭和53年)4月 稲葉工場に金型工具部門を設置
  • 1978年(昭和53年)10月 稲葉工場に成形工場増設
  • 1979年(昭和54年)8月 大崎工場新築落成
  • 1981年(昭和56年)4月 ロータリー式インサート自動成形機導入
  • 1983年(昭和58年)4月 稲葉工場に成形工場増設
  • 1984年(昭和59年)9月 ロボット式インサート自動成形機増設
  • 1984年(昭和59年)10月 自社製品「海洋ワンタッチジョイント」開発
  • 1985年(昭和60年)3月 古川市桜ノ目に本社工場を新築移転、稲葉工場増設し大崎工場を集約
  • 1991年(平成3年)7月 5S推進のため工場内土足禁止とする
  • 1992年(平成4年)11月 古川市桜ノ目(現・大崎市古川)の本社工場を増設し全工場を集約・ 合理体制強化
  • 1994年(平成6年)10月 片瀬浩、代表取締役就任
  • 1998年(平成10年)4月 自社開発製品「トレーマン」発売開始
  • 1999年(平成11年)9月 物流倉庫を増設し、物流体制を整える
  • 1999年(平成11年)10月 工場を増設し成形品の塗装・印刷・レーザー加工・組立を開始
  • 1999年(平成11年)11月 220t成形機の導入大型外観部品の加工開始
  • 2002年(平成14年)8月 CAM SPACE-Eを導入
  • 2002年(平成14年)12月 ISO9001-2000年版取得
  • 2003年(平成15年)2月 電動式射出成形機導入
  • 2004年(平成16年)3月 ISO14001-1996年版取得
  • 2005年(平成17年)3月 CAM マキノ FF-CAM導入
  • 2006年(平成18年)1月 片瀬弥生、代表取締役就任
  • 2006年(平成18年)3月 ISO14001-2004年版取得
  • 2006年(平成18年)4月 流動解析(CAE)導入 3D TIMON
  • 2007年(平成19年)10月 350t大型電動成形機導入、さらなる大型外観部品加工開始
  • 2008年(平成20年)3月 2色成形加工開始
  • 2010年(平成22年)2月 レーザー溶着設備を導入し3D形状への溶着技術開発を開始
  • 2013年(平成25年)4月 自動車内装部品の出荷開始。25年11月 UVインクジェットプリンタ導入
  • 2014年(平成26年)12月 マシニングセンタ追加導入。金型LT短縮
  • 2016年(平成28年)12月 ISO9001・14001-2015年版取得
  • 2019年(令和元年)7月 技能実習生4名(インドネシア)受入れ
  • 2020年(令和2年)11月 塗装ロボットシステムを全面改修し更なる生産性を向上

事業内容


  • 金型製作
  • 成形加工
  • 加飾(塗装、印刷、レーザーカット)
  • サブASSY
  • ダイレクトUV加飾

外部リンク



  • 最終更新:2023-04-10 22:47:01

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード