東新工業

東新工業株式会社(とうしんこうぎょう、英:Toshin Industry Co., Ltd.)は、神奈川県横浜市に本社を置くめっき加工業などを行っている企業。

会社概要


商号:東新工業株式会社
創業年:1966年(昭和41年)8月
本社所在地:神奈川県横浜市金沢区福浦2丁目10番13号

会社沿革


  • 1966年(昭和41年)8月 東京都目黒区において東新産業株式会社として創業、主として電子部品の貴金属めっき加工
  • 1968年(昭和43年)3月 工場を東京都品川区南大井に移転
  • 1969年(昭和44年)4月 有限会社佐々木鍍金工場と合併、東新工業株式会社設立、代表取締役社長に山五郎就任。資本金200万円
  • 1970年(昭和45年)12月 事業拡大のため東京都大田区下丸子移転
  • 1972年(昭和47年)3月 資本金500万円に増資
  • 1972年(昭和47年)7月 資本金1,000万円に増資
  • 1974年(昭和49年)3月 川崎市幸区にフープ材の部分金めっき加工を目的としたワイエス技研株式会社設立。資本金500万円
  • 1979年(昭和54年)7月 更に一段の飛躍を図るため、東新工業株式会社とワイエス技研株式会社の両社合併。資本金4,500万円。本社及び東京工場の増改築落成
  • 1981年(昭和56年)7月 フープめっき部門の拡充強化を図るため、横浜市緑区川和町にこれの専用工場を完成。ただちに稼働開始する
  • 1982年(昭和57年)6月 従来のフープ材部分金めっき条に加えて、長尺物のドット(点)めっき加工法の量産化の開発に成功
  • 1982年(昭和57年)8月 フープめっきの需要増大により、早くも横浜工場は手狭となり将来を充分考慮し、現本社工場用地を横浜市港湾局との契約により入手
  • 1984年(昭和59年)10月 現本社工場落成。新鋭部分金めっき自動機20台を設置
  • 1989年(平成元年)9月 本社事務棟落成。同時に東京工場廃水処理設備を全面更新
  • 1990年(平成2年)10月 現本社工場敷地内にはんだ及び銀の全面めっき専用の第二工場落成
  • 1992年(平成4年)4月 資本金を9,000万円に増資
  • 1998年(平成10年)4月 本社所在地を横浜工場に移転、バレルめっき部門の東京工場を閉鎖
  • 2001年(平成13年)8月 ISO14001認証
  • 2002年(平成14年)1月 神奈川県優良工場表彰
  • 2002年(平成14年)8月 ISO9001-2000認証
  • 2003年(平成15年)4月 横浜市G30作戦、廃棄物分別処理で表彰
  • 2004年(平成16年)4月 代表取締役社長に山慎介就任
  • 2005年(平成17年)4月 かながわ中小企業モデル工場指定
  • 2005年(平成17年)11月 神奈川県工業技術開発大賞受賞
  • 2006年(平成18年)3月 いわき工場操業開始
  • 2006年(平成18年)4月 「明日の日本を支える元気なモノ作り中小企業300社」に選出
  • 2006年(平成18年)8月 本社敷地内に新事務棟建設
  • 2007年(平成19年)10月 (株)鈴木との合弁会社、鈴木東新電子(中山)有限公司を中国広東省中山市に設立(35%出資)
  • 2008年(平成20年)4月 神奈川労働基準局より快適職場に認定
  • 2012年(平成24年)10月 中国浙江省寧波埃斯科光電有限公司との間で技術サポートサービスを開始
  • 2014年(平成26年)3月 関連会社東新エンジニアリング(株)を設立
  • 2014年(平成26年)10月 第31回神奈川工業技術開発大賞・ビジネス賞受賞

事業内容


  • めっき加工業
  • 上記に付帯または関連する一切の業務

外部リンク



  • 最終更新:2018-03-09 18:02:43

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード