櫻島埠頭

櫻島埠頭株式会社(さくらじまふとう、英:SAKURAJIMA FUTO KAISHA, LTD.)は、大阪府大阪市に本社を置く港湾運送事業などを行っている企業。

会社概要


商号:櫻島埠頭株式会社
創業年:1948年(昭和23年)2月
本社所在地:大阪府大阪市此花区梅町1-1-11

会社沿革


  • 1948年(昭和23年)2月 櫻島埠頭株式会社設立。
  • 1949年(昭和24年)5月 大阪証券取引所再開と同時に株式上場を登録。
  • 1951年(昭和26年)8月 港湾運送事業法の施行により、一般港湾運送事業、船内荷役事業、はしけ運送事業、沿岸荷役事業の4種目を登録。
  • 1952年(昭和27年)2月 (旧)日本専売公社輸入塩の取扱開始。
  • 1955年(昭和30年)11月 石油化学品の保管受払業務開始。
  • 1958年(昭和33年)2月 東京事務所を開設し、損害保険の代理店業務を開始。
  • 1962年(昭和37年)6月 石油埠頭に油槽所が完成し、業務開始。
  • 1970年(昭和45年)3月 隣接の(旧)ゼネラル物産(株)の施設一切を買取りし、梅町油槽所とした。
  • 1970年(昭和45年)8月 海上3号起重機完成。
  • 1973年(昭和48年)8月 倉庫業法に基づき、倉庫業の許可を受け、(旧)日本専売公社輸入塩の西日本各地への配送基地として1号ばら貨物倉庫完成。
  • 1975年(昭和50年)5月 2号ばら貨物倉庫完成。
  • 1978年(昭和53年)9月 国内化学品タンク7基完成。
  • 1981年(昭和56年)9月 梅町化学品タンク8基完成。
  • 1984年(昭和59年)3月 3号ばら貨物倉庫完成。
  • 1984年(昭和59年)4月 石油埠頭の重油タンク1基を化学品用タンクへ転換。
  • 1986年(昭和61年)5月 石油埠頭の重油タンク1基を化学品用タンクへ転換。
  • 1988年(昭和63年)2月 東京事務所を東京都千代田区へ移転し、東京営業所と改称。
  • 1991年(平成3年)10月 梅町油槽所の重油タンク撤去跡地に ペイント物流センター(現化学品センター)3棟完成。
  • 1992年(平成4年)10月 梅町油槽所の重油タンク撤去跡地に 低温物流センター完成。
  • 1993年(平成5年)5月 石油埠頭の糖蜜タンクを撤去し、化学品用タンク2基を完成。
  • 1995年(平成7年)9月 冷蔵倉庫完成。
  • 1996年(平成8年)3月 テント倉庫完成。
  • 2000年(平成12年)9月 隣接の市有地を賃借開始。第2低温物流センター、食材加工施設完成。
  • 2001年(平成13年)5月 4号ばら貨物倉庫完成。
  • 2002年(平成14年)9月 5号ばら貨物倉庫完成。
  • 2003年(平成15年)12月 梅町油槽所の化学品タンクを白油タンクへ転換。
  • 2006年(平成18年)10月 ペイント物流センター(現化学品センター)に荷捌場完成。
  • 2007年(平成19年)2月 石油埠頭指定可燃物用タンク1基完成。
  • 2011年(平成23年)12月 第2低温物流センターを撤去し、ばら貨物の野積場として転用。
  • 2013年(平成25年)3月 本社事務所を撤去し、ばら貨物の野積場として転用。
  • 2013年(平成25年)6月 4号ばら貨物倉庫の屋根に太陽光発電設備を設置。
  • 2014年(平成26年)1月 浪花建設運輸株式会社を完全子会社化。
  • 2016年(平成28年)1月 東京営業所を中央区へ移転
  • 2017年(平成29年)2月 化学品センター開業
  • 2017年(平成29年)5月 タンクローリーからのドラム充填設備を新設。大阪市より新たに土地を借受け2号野積場を増床

事業内容


  • 港湾運送事業(一般港湾運送事業、港湾荷役事業、はしけ運送事業)
  • 倉庫業
  • 貨物利用運送事業
  • 通関業

外部リンク



  • 最終更新:2018-04-01 22:02:01

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード