野水機械製作所

株式会社野水機械製作所(のみずきかいせいさくしょ、英:NOMIZU MACHINE MFG.CO.,LTD.)は、新潟県三条市に本社を置くオリジナル高性能マシンの設計製造などを行っている企業。

会社概要


商号:株式会社野水機械製作所
創業年:1925年(大正14年)4月
本社所在地:新潟県三条市須戸新田1196番地1

会社沿革


  • 1925年(大正14年)4月 創業。初代社長野水吉治により個人事業として、小型工作機械の製造販売を始める
  • 1938年(昭和13年)10月 会社設立。株式会社に改組する
  • 1940年(昭和15年)3月 卓上旋盤、卓上フライス盤の生産開始。理研工業株式会社 宮内工場の協力工場となる
  • 1942年(昭和17年)8月 万能円筒研削盤の生産開始。津上製作所の協力工場となる
  • 1946年(昭和21年)6月 農業用機械の生産・販売開始
  • 1949年(昭和24年)4月 吸塵装置付バフレースの生産・販売開始
  • 1958年(昭和33年)6月 二代目社長 野水哲郎 就任
  • 1964年(昭和39年)4月 自動研削盤の生産・販売 開始
  • 1968年(昭和43年)6月 エンドレスベルト平面研磨機の生産・販売開始
  • 1971年(昭和46年)12月 バグフィルター集塵機の生産・販売開始
  • 1971年(昭和46年)12月 農業用機械の生産・販売 中止
  • 1976年(昭和51年)7月 テーブル型自動研磨機の生産・販売開始
  • 1977年(昭和52年)3月 手挽鋸自動目立機(SS-240型)の生産・販売開始
  • 1977年(昭和52年)10月 湿式集塵機(NWS-32型)の生産・販売開始。以後順次大型タイプ生産
  • 1978年(昭和53年)1月 自動車部品バリ取り機の生産・販売開始
  • 1978年(昭和53年)4月 自動研磨機の海外販売開始
  • 1979年(昭和54年)3月 手挽鋸自動目立機にて財団法人機械振興協会(土光敏夫会長)より「中小企業向け自動化機械開発賞」受賞
  • 1984年(昭和59年)2月 NC装置付研磨機の生産・販売開始
  • 1984年(昭和59年)10月 ボールネジバフ研磨機完成・納入開始
  • 1987年(昭和62年)6月 全自動アイロンベース研磨機1号機完成・納入
  • 1989年(平成元年)3月 NC装置付手挽き鋸全自動目立機(HY-9型)の生産・販売開始
  • 1990年(平成2年)6月 自動機 組立新工場完成
  • 1991年(平成3年)6月 全自動炊飯器内釜研磨機1号機完成・納入
  • 1992年(平成4年)6月 手挽き鋸両面同時研削盤1号機完成・納入
  • 1993年(平成5年)6月 インドネシア向け輸出開始。オートバイリム研磨機(OPL-4H型)完成・納入
  • 1994年(平成6年)5月 鉄道車両研磨機(HBF-500T)完成・納入
  • 1995年(平成7年)5月 三代目社長に今井道郎就任
  • 1995年(平成7年)7月 建設機械用(NC装置付き)シリンダーロット研磨機1号機完成・納入
  • 1999年(平成11年)12月 マグネシウム粉塵対応集塵機(NWS-43M型)の生産・販売開始
  • 1999年(平成11年)12月 自動車エンジン部品バルブリフター研磨機(R-07-3H型)完成・納入
  • 2000年(平成12年)6月 マグネシウムケースヘアーライン加工機(HEP5-300T型)の生産・販売開始
  • 2001年(平成13年)6月 マグネシウムシート研磨機(RT-1500-H型)完成・納入
  • 2003年(平成16年)6月 「湿式集塵機の開発と普及」への貢献が認められ 日本マグネシウム協会より「技術賞」受賞
  • 2005年(平成17年)1月 NC装置付全自動刃物研削盤の生産・販売開始
  • 2012年(平成24年)6月 NC5軸鋏研削機(NCG5-355型)完成・納入
  • 2014年(平成26年)12月 ルーフレール研磨機開発完成
  • 2015年(平成27年)8月 「鋳片サンプル切削・研磨装置」の開発で共同特許取得
  • 2016年(平成28年)10月 鉄道車両全自動外面研磨装置 完成・納入
  • 2018年(平成30年)5月 本社「新潟県三条市須戸新田1196番地1」へ移転
  • 2020年(令和2年)5月 四代目社長に清野恵介就任

事業内容


  • 自動研磨機・刃物研削機・バリ取り機の製造販売

外部リンク



  • 最終更新:2023-01-19 22:48:19

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード